透明404.lab デザイン関連の話題が好き。覚え書き、実験、見つけた素敵なものを個人的にクリップしています。

Archive for the ‘ブログ’ Category

スティーブ・ジョブス氏逝去 哀悼の意を表します。

10.06.2011 · Posted in ブログ

たくさんのメディアが報じていますが、
私も一人のApple製品ファンとして記事を書きます。

さよなら、ジョブス。

56歳か。若いなぁ。

Appleマークが虹色の時代からMacを愛し続けている一人として哀悼の意を表します。

iPhoneは、どう持っても手に馴染まない。人間工学無視。
でも、こんなにクールで洗練されたデザイン、素材の携帯電話は他には作れない。
タッチで画面が動くことが標準になるなんて、もっとずっと未来のことだと思っていた。
想像の先を形にする製品作り、徹底した美しさの追及。
そういう姿勢が本当に好き。

歴史が動く瞬間をまた目にしたい。
一時期低迷していたAppleがiMacやiPodで持ち直した感動は忘れない。
次代iPhoneにも期待してます。
Appleは失速しないよう踏ん張ってほしい。

【告知】7/29、30、31 iPhoneケース展2011 出展します!

07.29.2011 · Posted in Works, ブログ

2011年7月29(金)~7/31(日)
横浜の赤レンガ倉庫にて開催されます、
「iPhoneケース展2011」に出展しております。
「SYa!クリエイティ部」というグループ名で出してる4つのケースのうちの1つを作らせて頂きました。

100名のアーティストさんが思い思いのケースを作られていますので見応えあると思います。
週末、お時間のある方、足をお運び頂けると嬉しいです。

iPhoneケース展2011ポスター

iPhoneケース展2011

スマートフォン「INFOBAR A01」 超絶気になる・・・

06.06.2011 · Posted in ぶつよく, ブログ

INFOBAR_A01

INFOBAR A01
iida

★★衝★撃★★

「INFOBAR」のスマートフォンが出るのか…!!
相変わらずカワイイね~~~!

初代モデルからずーっと憧れの「INFOBAR」…

何故買わないのかって?

docomoユーザーだからさ!(`・ω・´)キリッ(本意ではないよ)

…と言いつつもiPhoneの誘惑に負けてsoftbankも結局契約してしまったし。
docomoで言えばXperiaとかMEDIASカワイイんだけれどガラケーもまだ契約期間が残っているし。
そんなにガジェット増やしたくないし…
でもでも。この際、3大キャリア揃えるのも楽しいよねww
アンドロイド持ってないし。

いやいや。落ち着け。
スペックはあまりよろしくないという噂…?

でも深澤直人さんのデザインはスペックなんてカンケーねぇ!これは持つことがステータスなんだ!
と思わせてくれるくらい毎回ステキですよね。

何よりも気になるのは、中身のインターフェイス。
アンドロイドなのに…って言うと失礼ですが、ちょースタイリッシュ。。。

iida 公式YouTube INFOBAR A01

ほんとにこんなサラサラ動くのかな…?
原宿のKDDIデザイニングスタジオに実機があるようですので今度見てこようと思います。

[気になるフォトレビュー↓↓↓]

>Gigazine 「INFOBAR A01」超速攻フォトレビュー、あの希代の名機「INFOBAR」がスマートフォンに

アートイベント-スカイプラネタリウム~一千光年の宇宙を旅する~

02.13.2011 · Posted in ブログ


スカイプラネタリウム~一千光年の宇宙を旅する~
2/12行ってきましたので簡易レポ。

スケールでかくて良かった!

白いパノラマ模型にプロジェクターで映し出される東京の夜景~夜明け、
星空の中を歩く「スカイウォーク」はLEDの光とはわかっていても宝石みたいでとても綺麗でした。
最後の「宇宙の果てまで」は地球から見た宇宙、ではなく
宇宙から見た地球→銀河系→銀河群→宇宙の構造(132億光年先の宇宙の果て)
とハイスピードで切り替わる映像が圧巻。
私たちはこんなにも巨大な宇宙の中に暮らしている、
やはり地球は美しい星である、ことを改めて思い出しました。

中は撮影禁止でしたがこんな記事を見つけました↓
雰囲気が伝わるかな。
世界初!宇宙の星空を歩ける六本木ヒルズの「スカイ プラネタリウム」に潜入!

こちらも一緒に行ってきました
アートイベント-小谷元彦 「幽体の知覚」

アートイベント-小谷元彦 「幽体の知覚」

02.13.2011 · Posted in ブログ

小谷元彦 「幽体の知覚」
会場: 森美術館
スケジュール: 2010年11月27日 ~ 2011年02月27日
住所: 〒106-6150 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 53F
電話: 03-5777-8600

2/12行ってきました。
立体作品メインですが映像作品や映像+体感型作品もあり、感覚が混乱する感じが良かった。
鬱々と感じている「空虚」のようなものを「立体」という形でこの世に存在してしまうものにする矛盾点、世界観が好き。

本当はこっちがメインでした↓
スカイプラネタリウム~一千光年の宇宙を旅する~ 簡易レポ